一戸建て 売却 体験談

MENU

一戸建ての売却体験談

「今住んでいる一軒家を売却したい」「将来的に一軒家の売却を考えているけど、どうやって手放したら良いのかわからない」など、一軒家を売却する時に知っておきたいお役立ち情報を当サイトではお届けしています。

 

まずは実際に一軒家の売却をした人の体験談をいくつかご紹介します。

 

他人がどうやって手放しているのか?その参考にしてみてください。

 

遠隔地にある一軒家の売却

私は、2010年に東京で一軒家を購入したのですが、2011年に発生した東日本大震災をキッカケに、故郷へ戻って両親とともに生活をしたいと考えるようになりました。

 

まだ一軒家を購入して3年も経過していないのに手放すのもどうかな、と少し思ったのですが、2012年に待望の赤ちゃんが産まれたことから最終的に売却を決断しました。

 

故郷へ帰ることを決めた時に、既に一軒家の売却手続きは終わっていたのですが、地元で仕事を探していた夫の就職先が思っていたより早く決まったので、売却が完了していない状態で引越をすることになりました。

 

でも、一軒家のローンが残っている状態で新しい賃貸物件に住むのは経済的に大変なため、マンションが売却出来るまで私の実家に同居させてもらうことにしました。

 

一軒家の売却は、不動産会社の担当者に希望する売却価格を伝え、既に鍵も渡してあるのでいつでも内覧出来る状態です。

 

それから一週間に一度活動状況が担当者から郵送で送られてくるのですが、5ヶ月経過しても内覧に訪れる買主はもちろん、ホームページの観覧数も殆どありませんでした。

 

そうしている間に、地元での生活が忙しくなり、担当者と連絡をし合うのも時間的に難しく、遠隔地でどのような状況なのか色々と不安を抱えていました。

 

最終的に、半年程経過した後に希望していた価格よりも150万円ほど安い価格で売却することが出来たのですが、とにかく不安ばかり抱えていた数ヶ月でした。

 

遠隔地だからこそ、もっと時間的な余裕を考えて手放せば良かったと今では後悔しています。

 

ぼほ新築の一軒家を売却

15年ほど前に、それまでずっと夢見ていたマイホームを建てることが出来ました。

 

マイホームに移る前は、会社が提供してくれる借り上げ社宅で生活していたのですが、将来的には自分の一軒家が欲しいという願いがありました。

 

なので生活費を削りつつ、社内の住宅預金を必至に貯金していました。

 

ある程度住宅預金も増えてきて、子供も大きくなったということで、やっとマイホームを手に入れるための行動を開始。

 

希望のエリアで良い土地が売り出されていたので、工務店にお願いし、念願の一軒家を建てたのですが、急に夫に転勤の話が出てきてしまいました。

 

最初、一時的な転勤ならマイホームをそのままの状態で残し、また戻って来れば良いと考えていたのですが、どうやら転勤したらもう戻ってくることは無いとのことです。

 

大きな決断でしたが、結局マイホームを売却することにしました。

 

すぐに近所の不動産会社に売却を進めてもらうように手続きをしたのですが、何ヶ月経過しても全く買手がつかない状態です。

 

自分では相場よりもかなり低く設定したつもりなのにこんなにも売れないなんて思ってもいませんでした。

 

もう少し価格を下げれば良いと考え、結局当初よりも300万円ほど安い金額で手放すことになってしまいました。

 

急な転勤だったので仕方無いのかもしれませんが、もう少し一軒家売却について調べてから売りに出せばよかったです。

 

ここまでご紹介してきた体験談は、一つの不動産会社に一軒家の売却をした人の体験談で、しかも時間的な余裕が無く後悔しているようです。

 

そこでオススメしたいのが一括見積もりサイトです。

 

一括見積もりサイトなら信頼出来る不動産会社で、なおかつ納得の金額で売却することが出来ます。

 

一括見積もりサイトを利用してみた

正直なところ、私は不動産会社に足を運ぶことに対して抵抗を持っています。

 

駅前に行くと地元の地域密着型の不動産会社や大手不動産会社があり、偏見かもしれませんが、騙されたり無理矢理にハンコを押されてしまうのでは?と思ってしまいます。

 

もちろんもう今はそんな時代では無いかと思いますが…

 

そこで色々とインターネットで一軒家売却について調べてみますと、一括売却査定サイトと呼ばれるサイトを発見しました。

 

この一括売却査定サイトというのは自分の不動産情報を登録することによって、複数の不動産会社へその情報が届き、まとめて査定をしてもらうことが出来るようです。

 

早い会社ですと、なんと数分足らずで電話があり、ちょっとびっくりしました。

 

最終的には合計4社の不動産会社に査定をしてもらったのですが、その査定結果に大きな違いがあったのが驚きです。

 

自分で思っていた金額よりも高い査定、相場よりも遥かに安い査定、まぁまぁ予想通りと思える査定など、各社バラバラだったんです。

 

もちろん一番高い金額で査定してくれた不動産会社に一軒家の売却を依頼することにし、3ヶ月後にはほぼ査定通りの金額で手放すことが出来ました。

 

当初思っていたよりも高く売ることが出来たので大変満足しています。

 

一社だけに査定してもうと、大きな損をしてしまうこともありますので、一括見積もりサイトを利用して本当に良かったです。

 

評判の良い不動産会社しか登録していない

私は、不動産関連に一括見積もりサイトが存在していることを知らなかったのですが、これは土地や一軒家、マンションなどの不動産を高く売却したい場合には、必ず利用しておいた方が良いサービスです。

 

一括見積もりサイトに売却したいマイホームの情報を入力することによって、複数の業者から見積もり金額を提示してもらうことができ、それらを比較することで、より高い金額で一軒家を売却することが出来ます。

 

もちろん、一括見積もりサイトには管理者の厳しい審査に通過した信頼性のある優良な不動産会社しか登録していませんので、悪質な不動産会社や口コミ評判の悪い不動産会社に当ってしまうことが無いので安心です。

 

過去に一人暮らして賃貸物件を探していた時、フラっと入った不動産会社の担当者がかなり悪質で、半分騙されつつ無理矢理契約させられたという経験があります。

 

なので、優良不動産会社しか登録されていないというのはとっても安心でした。

 

私が利用した一括見積もりサイトは、スマイスターというサイトです。

 

累計350万人が利用しているようで、その数字からも安心して利用することが出来ました。
当たり前のことですが、一括見積もりを依頼するのに一切お金は必要ありません。

 

複数の不動産会社から見積もりを提示してもらったのですが、その結果に驚きです。

 

  • 近所の不動産会社/1800万円
  • 不動産会社A/2300万円
  • 不動産会社B/2100万円
  • 不動産会社C/2400万円
  • 不動産会社D/2000万円

 

わかりますか?近所の不動産会社と一括見積もりサイトで最高額を提示してくれた不動産会社とは、なんと600万円もの差があったのです。

 

もっと言えば、一括見積もりサイトの4社全ては2000万円以上と査定してくれました。

 

近所の不動産会社に決めてしまわなくて本当に良かったです。

 

ただしこの最初に提示された見積もりというのは、「机上査定」と呼ばれるもので、あくまでも土地の広さや周辺の相場などのデータだけを参考にして算出された見積もりとなります。

 

実際に一軒家を売却するためには、不動産会社の担当者に来てもらい、「訪問査定」によって最終的な見積りをもらわなければいけません。

 

結果、机上査定で最高額を提示してくれた不動産会社Cが、訪問査定で2300万円となり、売却を決めました。

 

近所の不動産会社に依頼しなくて本当に良かったです。

 

一軒家でなくマンションの買取情報はこちらのサイトが詳しいです→ マンション買取

更新履歴