一戸建て 売却 体験談

MENU

一戸建て住宅の売却をする時というのは、土地と建物は別物という考え方で査定が行われます。

 

「家というのは引き渡しが完了したその瞬間から徐々に老朽化が開始される」と世間的に言われているように、税法上から見ても実際の家の査定価値に関しても年々下降していくものです。

 

木造の一戸建てだった場合、早いと15年程度、どんなに遅くとも20年程度経過することによって、その建物の価値はほぼ0とされています。

 

珍しく立派な柱を使っていたり、梁を誇る古民家となれば話は別ですが、殆どの場合経年劣化が影響しての価値の減少というのは受け入れなければいけないことです。

 

その一方で、建物とは異なり土地というのは価値がそのまま残り続けるものとなります。

 

毎年発表されている路線価やエリアの人気度により確かに価格が左右されることはありますが、建物のように全くもってその価値が無くなるということにはなりません。

 

このことから「この土地は欲しいけど建物があまりにも古すぎる」「土地に大変魅力を持っているが建物は大幅なリフォームをしたい」などという購入希望者が存在していることも知っておかなければいけません。

 

ですので、建物と土地を個別に査定されてしまうことによって、売却が成立出来そうな価格や期間をハッキリを知ることが出来ないのが、一戸建てを売却するにあたっての難しいことなのです。

 

それでも一括見積もりサイトを利用することである程度の相場を知ることが出来ますので、相場チェックだけでも利用してみてはいかがでしょうか?