一戸建て 売却 体験談

MENU

次に住むところが賃貸物件でしたら、そこまで大きな問題となることはありませんが、「次も一戸建てかマンションを購入しようと思っている」と決めているのでしたら、売却と同時に買いの方も進めていく必要があります。

 

売却して得たお金を次の一戸建てやマンションの購入資金として使用しようと思っているのでしたら、場合によりましては、少しの間、賃貸物件に仮住まいするのも覚悟しておいた方が良いかと思います。

 

一戸建てを売却する時の注意点の一つとして、タイミングとご縁を挙げることが出来ます。

 

どのような買い物でも同じことが言えますが、買いたいと考えた時に実際に買うべきものが無いようであれば、私達はお財布の紐を緩めるようなことはしません。

 

どんなに小さな買い物でも同じなのですから、ましてや一戸建てという人生最大とも言える大きな買い物の場合は、さらにその傾向が強くなること間違いありません。

 

売り手はもちろん、買い手側も真剣になっているのです。

 

本当に欲しい一戸建てと出会うことが出来るまで、じっくりと待ちの姿勢を見せ続けるのは当然のことです。まさにここが、一戸建てを売却する難しさと言えるのではないでしょうか。

 

売り手が手放しても良いと考えている時期と、買い手の引越をしたいという時期も上手に合致しなければいけません。

 

一戸建てを売却するためには、価格の折り合いや手渡すタイミングが非常に重要なことになってきますので、そのどちらかが合致しなければ話は破談してしまうこともあります。