一戸建て 売却 体験談

MENU

ただ単に路線価によって、その土地や一戸建ての価格が決定してしまうワケではありません。

 

実際にはその土地が持っている「性格」にも大きく左右されることになり、それはズバリ「その土地や建物が使いやすいかどうか」ということです。

 

「最寄り駅まで徒歩での時間、徒歩圏内にスーパーや病院、また学校などがあるかどうか」などといった利便性、そして「日照条件、下水道、都市ガスなどが入っているかどうか」などの生活環境、さらに「旗ざお地や不整形地などではないか」といったその土地の環境によっても大きく価値は変わってくるのです。

 

高いお金を出してせっかく購入するのですから、使いやすい土地に住みたいと考えることは当たり前のことです。

 

ですので、あまりにも個性的な土地や建物というのは一般的には敬遠されやすい傾向にあり、これはつまり価格面で売り手と買い手の十分となる歩み寄りが必要となってくるワケです。

 

これらについては、不動産における個性の部分と言えますので、「一般ウケ」するタイプへ変更させることは事実上不可能となります。

 

売り手側、そして買い手側も、それを充分理解をした上で売買の成立に向けて話を進めていかなければいけません。

 

「土地の形は少々使いにくいけど、周囲の環境が素晴らしい」と思った買い主がいた場合、思いの他高価格で売却は成立する可能性もあります。

 

まずは貴方の土地がどの程度の評価があるのかを不動産会社に査定してもらうと良いかもしれませんね。